ピース・ディ7.18を開催しました。

7月18日(土)10:00~12:00/金沢市卯辰山玉兎ヶ丘「平和の子ら像」前広場
   
主催 反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会

ピースディ7.18は子ども太鼓「青空」の力強い太鼓の音で始まりました。
朝からの雨で一時開催も危ぶまれる悪天候でしたが、
220名もの参加があり、つどいを盛り上げました。
 
まず、青年団会長の主催者挨拶、衆議院議員馳氏をはじ
めとした来賓挨拶、石川県知事、金沢市長、被団協等から
のメッセージ披露、平和への願いを込めたおりづるの献納
が行われました。

続いて各団体から平和の取り組みが報告されました。
コープいしかわからはヒロシマ訪問の子どもたちの感想文、
石川東地域協議会の平和学習会の報告、石川西地域協議会
の絵本「富山大空襲 りんこちゃんの8月1日」の朗読、
南加賀地域協議会の「第二能登丸」の映画上映の報告と
反戦詩人栗原貞子さんの「生しめんかな」の朗読が行われ、
参加者は引き込まれるように聞き入っていました。

また、被爆者友の会は原爆症認定訴訟の現状について、青年団はピースブロックの取り組み、反核医師の会はNPT再検討会議アピール、原水禁、原水協の活動報告と続きました。

次に「でえげっさあ」の平和ミニコンサートが始まり、
和やかな雰囲気の中で、「平和の子ら」「青い空は」など全員で合唱しました。

最後に「核兵器も戦争もない平和な世界をめざし、平和
の輪を大きく広めよう」とのアピール文を採択し、生協連
横山会長理事の閉会挨拶で終了しました。

(実行委員会構成団体:
石川県原爆被災者友の会、石川県青年団協議会、石川県生活協同組合連合会、原水爆禁止石川県民会議、原水爆禁止石川県協議会、核戦争を防止する石川医師の会)