平和のとりくみ

日時 2016年7月24日(日)10時~12時
場所 金沢市卯辰山玉兎ヶ丘「平和の子ら像」前広場
主催 反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会
構成団体 石川県原爆被災者友の会、石川県青年団協議会、石川県生活協同組合連合会、原水爆禁止石川県民会議、原水爆禁止石川県協議会、核戦争を防止する石川医師の会、NPO法人はだしのゲンをひろめる会

二世の会による人形語り

二世の会による人形語り

 今年で30回目を迎える2016ピースディは2年ぶりに卯辰山での開催となり、実行委員構成団体より100名が参加しました。
 被災者友の会西本多美子会長の挨拶の後、平和の子らの像の制作者である野畠耕之助をはじめとした来賓挨拶・メッセージ披露が行われました。
平和の子ら像に参加者から折り鶴が献納のされた後、被爆2世の陣内智子さん、角田主枝さんが人形語りを披露。親から聞いた被爆の体験を2人の子ども「のんちゃん」「しゅんくん」が語る内容で、広島弁での語り口は聴く人の心に響き、平和の大切さを改めで感じさせました。
 次に構成団体の平和の活動報告。コープいしかわの「沖縄戦跡・基地めぐり」参加報告を山本直(小学6年)くんより。NPO法人はだしのゲンをひろめる会浅妻南海江理事長より、「プロジェクト・ゲン活動20年記念『はだしのゲン』翻訳者の集いin広島」について報告。「はだしのゲン」の作者故・中沢啓治さんが作詞された「広島 愛の川」を幅田満里子さんが独唱。続いて核戦争を防止する石川医師の会の江守道子さんより国連核兵器廃絶デーについて報告が行われました。
 最後に「でえげっさあ」の平和ミニコンサート、核兵器の廃絶を求めるアピールを採択しました。

 

P1040171日時 2015年8月3日(月)~17日(月)10:00~20:00 *最終日は16時まで 会場 石川県庁19階展望ロビー 主催 反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会 日本被団協(日本原水爆被害者団体協議会)製作のパネル30枚と「はだしのゲン」の紙芝居1巻~5巻を展示しています。     P1040208 3日はオープニングセレモニーを開催。 「のまりん」こと野間成之氏(のまひょうしぎの会代表)による紙芝居の上演が行われました。「はだしのゲン」の紙芝居三巻、五巻、被爆アオギリ物語「そばにいるよ」「嘉代子ざくら」を熱演していただきました。  

日時 2013年8月5日(月)~16日(金)10:00~20:00
(最終日16日は16:00まで)
会場 石川県庁19階展望ロビー
今回は「はだしのゲン」の紙芝居も展示。
「原爆と人間展」チラシ

 

 

議案を提案する青海生協連専務理事

2012年12月9日、近江町交流プラザ研修室
被爆体験をもとにかかれた漫画「はだしのゲン」をひろめることを目的とした特定非営利活動法人「『はだしのゲン』をひろめる会」の設立総会が開催された。

 

詳細はこちら

2012年8月3日(金)~16日(木)、石川県庁19階展望ロビー
主催 反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会

県健康推進課中村課長の挨拶

 原爆の悲惨さと平和の尊さを訴える「原爆と人間展」を開催しました。原爆・核兵器の被害者をふたたびつくらないためにと日本被団協で作成した写真パネル30枚を展示しました。県庁展望ロビーは外国の来場者も多いことから、今年初めて英語訳の説明文も付けました。    
 また、広島に救援活動に入って被爆された牧野俊介氏の遺作24枚も同時に展示しました。牧野氏は90才になって後世に自分の体験を残しておきたいと戦争の体験を絵に残されました。 
 
今回パネル展の開催初日にオープニングセレモニーを開催し、石川県健康推進課課長中村純子氏、県議会議員佐藤正幸氏よりご挨拶いただきました。セレモニー終了後は、7月22日開催した「平和のつどい」のDVD上映を交流コーナーで行いました。

1.2011反核・平和おりづる市民のつどい

「2020年までに核兵器廃絶を!

   ~平和市長会議と市民の役割~」
2011年7月16日(土)、
       石川県教育会館3Fホール
今年の反核・平和おりづる市民のつどいは、秋葉忠利
前広島市長をお迎えし、講演会を開催しました。

「2020年までに核兵器廃絶を!~平和市長会議と市民の役割~」をテーマとした講演では、東日本大震災の惨状への思いから始まり、被爆者の体験は平和の原点であること。ヒロシマ、ナガサキ、フクシマを繰り返さないために、まず被災者、被災地の苦しみ、痛みに魂を寄せることが大事であること。世界の核軍縮を進める動きの中で広島の役割が大きい。広島大きな変革を遂げたのは市民の力が中心であるとの変革の4原則について。核兵器禁止条約の締結が当面の焦点であり、平和市長会議、市民が世界を動かしている。核兵器廃絶は可能であり、2020年に核兵器の廃絶を実現するという目標に向けて一緒に頑張りましょう。と話されました。〈
秋葉忠利氏講演要旨.pdf

また、当日は「つるにのって」のピースアニメの上映、子ども太鼓「青空」、「でえげっさあ」平和ミニコンサートも行われ、220名が参加し平和へ思いを強くしました。

 最後に、原爆被害だけでなく、福島原発事故で新たな放射線被害を生み出した日本政府に対し、今改めて核廃絶に真摯に取り組むことを求め「核兵器禁止条約の締結に向けた」アピール文を採択しました。

2011年反核・おりづる市民のつどいアピール文.pdf

 

 2.「原爆と人間展」を開催中!
2011年8月3日(火)~17日(月)、石川県庁19階展望ロビー

原爆・核兵器の被害者をふたたびつくらないためにと証言と映像が一体になった迫真のパネルが展示されています。また、今回は広島の被爆者牧野俊介氏の遺作20点も展示されています。

 

実行委員会構成団体:石川県原爆被災者友の会、石川県青年団協議会、石川県生活協同組合連合会、

原水爆禁止石川県民会議、原水爆禁止石川県協議会、核戦争を防止する石川医師の会)

 

2010年8月3日(火)~16日(月)、
石川県庁19階展望台ロビー
主催反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会
                              原爆・核兵器の被害者をふたたびつくらないためにと証言と映像が一体になった迫真のパネルが展示されています。
 また、NPT再検討会議の成功に向けた活動の様子(写真)の紹介や、今年は㈱電通西日本の意見広告(7月30日、北国新聞掲載)メッセージ入り折り鶴も回収しています。
 夏休みということもあり、子どもたちもパネル展に訪れていました。

 

 「平和と映画のつどい」を開催しました。
2010年7月17日(土)、石川県教育会館3Fホール
映画は被爆友の会主催、実行委員会共催、
「つどい」は実行委員会主催
 
 第1部は被爆65周年・石川県原爆被災者友の会結成50周年記念事業として、映画「原爆の子」の上映会が開催され、約350名が鑑賞しました。
 第2部は「反核・平和おりづる市民のつどい」を開催し、今年5月に開かれたNPT再検討会議の参加者報告を中心に行いました。
報告者は石川県被爆者友の会事務局長西本多美子さん、コープいしかわ成房千代さん、「核平気のない世界を」石川県代表団実行委員会事務局長内藤晴一郎さんの3名で、会議の成功に向けた様々な取り組みを映像とともに紹介されました。
また、子ども第子「青空」の力強い太鼓、「でえげっさあ」の平和ミニコンサートで平和への思いを強くしました。最後に「非核三原則の法制化を求める」アピール文を採択し、終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

7月18日(土)10:00~12:00/金沢市卯辰山玉兎ヶ丘「平和の子ら像」前広場
   
主催 反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会

ピースディ7.18は子ども太鼓「青空」の力強い太鼓の音で始まりました。
朝からの雨で一時開催も危ぶまれる悪天候でしたが、
220名もの参加があり、つどいを盛り上げました。
 
まず、青年団会長の主催者挨拶、衆議院議員馳氏をはじ
めとした来賓挨拶、石川県知事、金沢市長、被団協等から
のメッセージ披露、平和への願いを込めたおりづるの献納
が行われました。

続いて各団体から平和の取り組みが報告されました。
コープいしかわからはヒロシマ訪問の子どもたちの感想文、
石川東地域協議会の平和学習会の報告、石川西地域協議会
の絵本「富山大空襲 りんこちゃんの8月1日」の朗読、
南加賀地域協議会の「第二能登丸」の映画上映の報告と
反戦詩人栗原貞子さんの「生しめんかな」の朗読が行われ、
参加者は引き込まれるように聞き入っていました。

また、被爆者友の会は原爆症認定訴訟の現状について、青年団はピースブロックの取り組み、反核医師の会はNPT再検討会議アピール、原水禁、原水協の活動報告と続きました。

次に「でえげっさあ」の平和ミニコンサートが始まり、
和やかな雰囲気の中で、「平和の子ら」「青い空は」など全員で合唱しました。

最後に「核兵器も戦争もない平和な世界をめざし、平和
の輪を大きく広めよう」とのアピール文を採択し、生協連
横山会長理事の閉会挨拶で終了しました。

(実行委員会構成団体:
石川県原爆被災者友の会、石川県青年団協議会、石川県生活協同組合連合会、原水爆禁止石川県民会議、原水爆禁止石川県協議会、核戦争を防止する石川医師の会)