ピースデイ2019

 反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会が主催するピースデイ2019が7月21日(日)金沢市卯辰山玉兎ヶ丘 原爆碑「平和の子ら」像前広場で開催されました。

 オープニングは和太鼓「鼓衣(こころ)」の太鼓演奏が飾り、その後参加者約110人で黙祷が捧げらました。

 

 

 主催者の代表 石川県原爆被災者友の会 会長の西本多美子氏の挨拶のあと、原爆碑「平和の子ら」像の足元には平和を願う市民が心を込めて折ったたくさんの折り鶴が献納されました。

 コープいしかわの「ヒロシマ・ナガサキ平和の旅」の参加報告をした中学1年生や『はだしのゲン』アラビア語版 応援キャンペーン、核戦争を防止する石川医師の会の平和活動が報告されました。

 

 平和サークルむぎわらぼうしによる構成詩「ともに歩もう」の朗読に会場は静かに聞き入りました。

 

 

 

 

 

今年完成したCD「平和の子ら」のジャケットを担当した広瀬歩氏も応援に駆け付け、でえげっさあによる平和ミニコンサートで披露された曲「平和の子ら」には、会場の小学生たちも飛び入りで参加し、澄んだ歌声が卯辰山に響きました。

 

 

 

 最後に反核・平和おりづる市民のつどい2019アピール(案)が参加者の拍手で採択されました。